国際貿易ビジネス検定




<経営・経理の資格(国際貿易ビジネス検定)>


◆国際貿易ビジネス検定

国際貿易ビジネス検定とは、NPO生涯学習国際貿易ビジネス検定委員会が、貿易にかかわる制度や取り決め、商習慣、手続き、書類作成、貿易英語など国際貿易のエキスパートに必要とされる知識・スキルを認定する検定。貿易ビジネスの能力を客観的に評価するもの。

試験は7月、11月、2月に実施される。

貿易業務主任者(FTS)コースとより実務に即した知識・スキルを問う貿易管理者(ATS)コースの2コースが設けられている。

FTSコースは全体の正解率70%以上で合格、ATSコースは75%以上で合格となっているが、ともに貿易英語の正解率が50%以下だと不合格。確立はFTSが70%台、ATSが30%台となっている。

民間資格

受験資格:学歴、年齢制限なし

試験内容:FTS(貿易業務主任者)コースと、

     ATS(貿易管理者)コースがある。

【問い合わせ先】

 NPO生涯学習国際貿易ビジネス検定委員会

  TEL:03-5913-6415


posted by さくらこ at 11:33 | TrackBack(0) | 経営・経理の資格
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52422146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。