ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP(R))




◆ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP(R))
ファイナンシャルプランナーとは、個人のライフプランを財政面から総合的にアドバイスし、プランを立て実行を手助けする家計に関するアドバイザーである。

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略でファイナンシャル(財政・家計)のプランナー(立案・計画者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。

さらに、

ファイナンシャルプランナーは平成15年からは
ファイナンシャルプランナー技能士として国家資格になっています。

日本ファイナンシャルプランナーズ協会の認定資格には、AFPと上位資格のCFP(R)の二種類がある。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、

金融機関や保険会社など銀行や証券に属している「企業系ファイナンシャルプランナー」、

もうひとつは「独立系ファイナンシャルプランナー」で、
金融機関等に属さず、金融商品等をセールスするのではなく、
第三者的立場からアドバイスを行います。



民間資格

難易度概要:合格率:【AFP】約30%【CFP(R)】約10%

受験資格:【AFP】協会認定の認定研修修了者。【CFP(R)】20歳以上で、 AFP有資格者であり1年間の実務経験を有する者。

試験日:【AFP】5月、9月、1月。【CFP(R)】6月、11月。全国主     要都市。

【問い合わせ先】

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

TEL:03-3500-5533


posted by さくらこ at 14:54 | TrackBack(1) | 経営・経理の資格
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51924980

この記事へのトラックバック


Excerpt: 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(にほんファイナンシャル・プランナーズきょうかい)とは、ファイナンシャルプラニングの理念の確立と啓発・普及..
Weblog: 保険最新ガイド
Tracked: 2007-09-14 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。